三浦屋文具店 会社の歩み

・ 明治38年(1905年)

  三浦源十郎が「三浦紙店」を創業する

・ 大正10年(1921年)

  甥の竹内定治郎に委譲する

・ 昭和18年(1943年)

  戦時下にあり休業する

・ 昭和22年(1947年)

  営業再開。文具事務用品を販売する。

・ 昭和25年(1950年)

  法人化し有限会社三浦屋文具店と改称する。

・ 昭和27年(1952年)

  小売と併行し、納品業を開始する

・ 昭和36年(1961年)

  竹内武が3代目社長に就任

・ 昭和39年(1964年)

  一部鉄骨社屋に新築

・ 昭和40年(1965年)

  扱い品種急増し、スチール製品の売上が伸びる

・ 昭和47年(1972年)

  全店を鉄筋ブロックに改築。1,2階店舗、3階は倉庫に。

戦後まだ銀天街にアーケードがなかった頃の三浦屋紙文具店 現在の三浦屋文具店本店とFILE&PEN
戦後まだ銀天街にアーケードがなかった頃の三浦屋紙文具店 現在の三浦屋文具店本店とFILE&PEN