ステープラー(ホッチキス)

オフィスや家庭に必ずひとつはあるのがステープラー(ホッチキス)。

ステープラーと呼ばれる方、ホッチキスと呼ばれる方、いろいろいらっしゃいます。

現在、日本でトップシェアを誇るのがマックス株式会社、その種類の多さは他社を圧倒します。

我が家にあるホッチキスはマックスさんの30年くらい前のもの。

指があたる部分以外は金属製で、手のひらサイズながら、ずっしりとした重みがあります。

ホッチキスの針に種類があることも知らず、たくさん綴じた時に針がつぶれるのはそんなもの、と思っていた私。

ただいまステープラー勉強中。

マックスさんのカタログを熟読するにつれ、文房具の進化には改めて驚かされます。

当店でいま人気のホッチキスは、マックスのバイモ11スタイルです。

2枚から40枚まで綴じることができます。40枚ってかなりの紙厚ですが、綴じるときの軽さといったら!!

こんな軽い力で綴じられるの!?とビックリしますよ。

ぜひ当店でお試しください。カラーも豊富で楽しい文房具です。

注意点は針が11号を使うこと。

ホッチキスはしっかり綴じられて便利だけど、ゴミの分別がちょっと面倒・・・って思ったことないですか?

ステープル(針を簡単に取り除く文具)を使わず、爪でグイってとって捨てたりってありますよね。

コクヨS&Tから「ハリナックス ハンディタイプ」という商品も大変好評です。

針を使わず綴じるから、そのままシュレッダーにかけることも可能、針の補充も不要、カラーも豊富でおすすめです。

注意点はPPC用紙4枚まで。

PPC用紙10枚まで2穴でしっかりとじる「ハリナックス2穴タイプ」も同じくコクヨS&Tより好評発売中。

こちらの注意点は卓上タイプで持ち運びは不向き、お値段5775円と少々お高め。

ただ会社では活躍するでしょうね。